水戸市にある緑の空間・美容室 Green Room

スタッフブログ

カラーの色持ち方法!

夏の紫外線が話題でお肌ケアはしているが

案外髪の毛の紫外線を気にしない方が多いことにこの間気付きました、どぅも高野です♪

 

今回は、夏にイメチェンされる方、増えてきてます!

バッサリ切る方、パーマで軽くみせたい方、カラーでお友達と差をつけたい方‼

さまざまいらっしゃると思います♪

 

さぁ今回、ハイトーンのカラーが浸透してきてますが

意外と色持ちの部分を知らない方が多いと思います‼💦

よく言う、グレージュやシルバー系・ピンク系の色味は最近の注文で多いです!

ですが、やはり透明感がほしかったり、綺麗な色を出そうとするとブリーチ施術が必要不可欠であり

そこを知らなかったお客様が美容室に行き、カウンセリング時に『えぇ…ブリーチは痛むからNG』と

おっしゃる方が多いです‼

 

でも美容師的には、ブリーチしてでも叶えてあげたい色味ってあったりするんです(`・ω・´)!

そういうカラーを日々勉強しています!

 

ですがホームケアも大切ですので、今日はカラー後のケアの仕方について

ブログを書きたいと思います♡

 

色持ちを良くする方法

①シャンプー・トリートメントは必要以上にしないこと

髪の汚れは水だけでも十分綺麗になります。

必要以上にシャンプーで洗いすぎるとシャンプーの洗浄力で毛先の色がどんどん落ちてしまいます!

油分が気になる頭皮を中心に洗うようにしましょう!

それとトリートメントのつけ方にも注意が必要です。つける時に揉み込みすぎると髪の内部の色素も一緒に揉み出してしまいます。

家でするトリートメントは髪のかなり内部に浸透するものではありません。

そういった成分は美容院でしか補給できません。家でのトリートメントの一番の目的は髪の内部補修ではなく

美容院で補給したたんぱく質など流出を防ぐことと、コンディションを良くすることです。

ですから揉み込みすぎる必要は全くありません。

 

②乾かす前のオイル・ミルクトリートメントの使用

紫外線、摩擦、乾燥、そういったことにより毛髪のキューティクルなどが傷み色味やたんぱく質が流出しやすい状況を作らないことが必須‼

乾いた状態からしっかりと保護しておくことでそういった原因を防ぐことが大切です。

もちろんコテやアイロンなどを使う方にもオイルで保護しておくことで熱から髪の毛を守ってくれます。

洗い流さないトリートメント=手触りの向上だけではなく色落ちを防ぐ意味でも使用しましょう♪

 

③しっかり乾かす

②の延長で、乾かす前にクリームタイプの洗い流さないトリートメントをつけてしっかりと保湿して乾かすこと。

濡れたまま、半乾きなどでは髪の毛のキューティクルがしっかり閉じないのでダメージする原因です。

まずはしっかりと毎日乾かすことを徹底しましょう!!

そしてクリームタイプとオイルタイプの洗い流さないトリートメントを効果的に使うことでかなり日々のライフスタイルでのケアはできると思います。

難しいことはせず、日々継続することが何より大切です‼♪

 

余談で、カラーした当日はなるべくシャンプーは避けたほうがよかれと思います!

pH値が安定しないままの状態でシャンプーしてしまうと、キューティクルの間から

せっかく染めた染料が流失してしまいます!

自分的には、48時間何もしないが定着させるコツと昔教わりました💦

・・・・頭皮が臭くなりそっWWW

 

普段のケアを見直すだけで、日々カラーや髪質の向上になりますので

是非お試しあれ~~~♡

 

この記事を書いた人

髙野 勇人

髙野 勇人 (Hayato Takano)

私、、、イメチェンして金髪なぅW
  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • カレンダー

    2020年9月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930